ワタクシこういうものです。

二人の未就学児ありのワーママが毒にも薬にもならない日常生活を綴ります

「ビジネスリュック レディース」でお探しならエースのソリオートがオススメ

こんばんは。

先日、愛用中の通勤カバンがメーカーサイトにも見当たらない…と書きましたが、何だかネーミングを変えて存在していたので、レビューします。
マイナーチェンジはありそうなものの、同じ品物っぽいので。

愛用中の通勤カバンはコチラ⬇
f:id:amenbo333:20170514023015j:plain
http://item.rakuten.co.jp/suitcase-shop/72054790/?scid=af_sp_etc&sc2id=272292479

一見トートなんだけど、リュックにもなっちゃうよ!という代物です。
私は使い始めて一年くらいですが、かなり使いやすいです。

そもそも、このタイプのバッグを選んだ理由としては、
・通勤時、自転車の前後に子どもを乗せるので、荷物を入れるスペースが存在せず、手ぶらになれるバッグが必要だった。
・でも、ショルダータイプだと自転車を漕ぐときにバランスが悪そうなのでリュックが望ましい。
・かと言って、洋服がスーツなので、カジュアル過ぎるリュックは避けたい。
・自転車を降りれば、電車の中などでは手に持つので、手で持ちやすいデザインが良い。

という、条件を満たしたバッグだったからです。

で、使ってみてどうだったかと言うと…

・バッグとしての機能は問題なし。
⬅商品紹介サイトにあるように利用者の声を反映して作られたなという感じ。ほどよくポケットがあるし、バッグ本体も軽い。
・リュックのベルトをつけままでも、表から見るとトートにしか見えない。
⬅いちいち取り外すのは面倒ですが、取り外さなくても何ら問題はありません。
・壊れない。
⬅実は、このバッグを使う前に、もう少しカジュアルな雑貨系の3way(トート、ショルダー、リュック)を使用した期間があったのですが、ファスナー部分がすぐやぶけてしまいショックだったのです。
・女性らしく飽きのこないデザイン
⬅背負ったときは別ですが、トートとしては女性らしさを失わずにきちんと感が保たれていて、デザイン的にもgood

と、良いことづくめ。

スーツ女子の皆さま、
オススメです。

古くなったタオルハンカチを子どものお手拭きに

f:id:amenbo333:20170513211219j:plain

こんばんは。

私は、日常生活では、レディな感じのハンカチではなく、実用的なアイロン不要のタオルハンカチを利用しています。

ですが、毎日使っていくと、それなりにヘタってくるものの、処分のタイミングも分からずたまっていくばかり…

片付けの視点から言えば、使わなくなった布類はウェスとして掃除に使ってポイしましょう!という流れになりますが、タオルハンカチって作りがしっかりしていて、雑巾にするには何だかもったいない感じがありました。
また、サイズが小さいので、雑巾にするとしても、ちょっと物足りないんですよね。

一方、話が変わりますが、子どもたちとの毎日の食事では、使い捨ての手口拭き(ウェットティッシュ)を毎回使っています。
しかし、トマトソース系のおかずだったりすると、手口拭きの消耗が激しくて、キリがないなぁと思っていました。

そこで、試しに使い古したタオルハンカチをおしぼりとして、食事どきに用意したら、ちょうど良く使えたのです。

何がちょうど良いかというと…
子どもの小さな手にちょうど良い大きさである。
また、そもそも使い古しなので、いくら汚れても抵抗が無い。
洗濯で落とすのが難しいくらいにソースで汚れても、元々本来の役目を終えている代物なので、ショックは受けない。
また、元がタオルハンカチなので、他のふきんや雑巾と区別できる。

など、良いことづくめ。

これでいよいよボロボロになったら、ウェスとして使ってポイも悪くないかなと思っております。

おしぼり用の布を新たに用意すると、また捨て時が分からなくなってしまいそうですけど、こちらはそういう心配もないということで。

★おまけ★
最近見たテレビで、掃除が苦手な人向けに、使わなくなったストッキングでの床掃除や、期限切れなどで使わなくなったプラクチックカードを活用したコンロの焦げ取りが提案されていましたが…

そもそも、使わなくなったそういうものを貯めている時点で掃除から遠退きそうだし、掃除が苦手な人と片付けが苦手な人がかぶっていると想定すると、掃除をしよう!と思い立ったときに、すぐ出てこないんじゃ…

と、ひねくれた心で突っ込んでしまいましたよ…
専門の道具を用意する代わりのアイテムとして活用する分には良いのでしょうけどね!

ではでは。

マリメッコBuddyリュックの使い心地

マリメッコBuddyリュックの使い心地をレビューします。
子どもが産まれて、ザ・赤ちゃんな時期を過ぎて歩き出すと、リュックが欲しくなります。
そう、日頃からリュックユーザーでない人は、「マザーズリュック」等のキーワードで、何かかわいいリュックはないかな~と検索し出すのです。(実際の店舗は子ども連れでなかなか行けないし。)

かくいう私も、長女が2歳を迎える前に、リュック検索を始めまして、迷った末にタイトルのBuddyを購入してしまったという次第です。

調べたら、2015年8月に購入していたので、使い始めてもうすぐ2年になりますね。

f:id:amenbo333:20170513063651j:plain

※私が購入したのはコールブラックの旧モデル

この、Buddy、検索を始めると割とすぐ登場してきます。
きれい目に持てるリュックということで、ママ以外にも人気のようですね。
ただ、普段リュックを買わないと、即決できる人は少ない模様なので、迷っている人に向けて私からも使い心地など、購入に向けてのアドバイスをしてみようかなと思います。

1 良いところ
・量がかなり入る。
⬅マチがかなりあるので、詰め込めばかなりのものが入ります。
・作りがしっかりしているので、細かいものを入れてもリュックの形が崩れない。
⬅背中側にも、クッションが施されているので、背負ったときにゴツゴツしない。
・作りがしっかりしているので、沢山入れても重く感じない。
・カラナビが地味に便利
⬅子どもと食事するときなどに、小さいビニール袋をぶらさげて、ゴミを入れたりしています。
・有名ブランドの安心感
・ポケットが沢山あるので、いろいろ分けたい場合は便利

2 注意点
・作りがしっかりしている分、リュック自体が重い。
⬅ものを少ししか入れないと複雑な気持ちになる。
・ポケットは多いけどポケットのマチは狭いので、ものはあまり入らない。
・ショルダーベルトが超緩みやすい。
⬅簡単に締めることは可能
・そもそも自分の洋服のテイストは北欧ブランドに合うのか?
⬅確かに、アウトドアブランドのリュックと比べれば、ゴツくないことは確かですが、結構カジュアルよりなんですよね…
マリメッコでなければ選んでいたデザインなのか?

などなど。

まとめると、沢山の荷物を運ぶのには適しているけど、ちょっとそこまでには向かないって感じですかね…
かわいいことはかわいいので、あって悪くはないって感じですけど。

大き目リュックとしては、エルベ・シャプリエの一番大きなタイプのリュックを夫が使っているので、たまに借りますが、こちらはソフトで軽く、オムツとかがさばるものを入れるのには適しているかなぁ~という感想。
というか、多分手持ちの洋服との相性が良いのでしょうね。

うん、リュックと言えどカバンなので、
手持ちの洋服との相性が一番重要だな…という結論です!

以上

風呂上がりの子どもを脱衣所に留まらせる方法

こんにちは。

我が家の娘たちは1歳と3歳です。
お風呂で体を洗うのは大分楽になってきたのですが、お風呂から出ると、濡れた体のまま、もちろんオムツもはかないまま、リビングへと飛び出していくこと多々ありです。

せめて、体をふいてからにしてくれ…
と思うものの、親の思いを嘲笑うように河から上がった河童のごとく(?)走っていきます。

どうにかならんか…
と導入したのがコチラ。

f:id:amenbo333:20170511162037j:plain
f:id:amenbo333:20170511162215j:plain
http://item.rakuten.co.jp/water-pocket/10000303/?force-site=pc&l2-id=item_SP_PcViewFooter
かわいいいちごのバスマット!

一つだとケンカになるので、赤とピンクを一つずつ用意しました。

このバスマットを脱衣所にひいて、「イチゴさんの上にいて!」と指示することで、せめてオムツをはくまでは、バスマットの上に留まってくれるようになりました。

やれやれ。

かねまつの黒エナメルローファーがスニーカーいらずで目茶苦茶使える

こんにちは。

普段目茶苦茶愛用している通勤バッグをレビューしようとしたら、Amazon楽天はおろかブランドの公式サイトにも姿がなく、どうやら廃盤になったらしいことが判明し、ガックリしております。

とりあえず、気を取り直して、最近愛用している靴についてレビューしたいと思います。

私、現在妊娠中でして、非妊娠時よりは砕けた服装で職場に行っております。

砕けたといっても、普段がスーツでしたので、ジーパンとスニーカーというわけにもいかず、きちんとよりのきれいめカジュアルって感じでしょうか。

妊娠中ということもあり、ストッキングなど履きたくないので、靴下で履けて、そこそこきちんと感のある靴はないものか…と、いきつけのかねまつに相談しました。

そこでオススメされたのがこちら。
SY-165361

f:id:amenbo333:20170510102020j:plain

http://mobile.shoesconcierge.jp/shop/search/detail?g=4120172SY165361--50000900

エナメルの黒ローファーです。
元々、職場の先輩が去年から愛用していて(どうやら定番商品のようです)、存在は知っていたのですが、いざ使ってみると、オールマイティで素晴らしいのです!<素晴らしい点>
・手を使わず履ける
・ヒールがないので歩きやすい
・靴下で履けるので、ストッキングやタイツ、パンプスソックス(?)を用意しなくて良い(足が冷えない)
・エナメルだけど黒なので、どんな服にも合う
・黒だけどエナメルなので地味にならない
・細身のパンツ、ロングスカート、大抵のボトムスに違和感なく馴染む
・雨天対応なので、雨の日に履いても水がしみてこない
・エナメルなので、汚れてもウエットティッシュで拭けばどうにかなる

このように、使い勝手抜群で、
結果として私は平日も休日も履いています。
これまで休日はスニーカーを履くことが多かったのですが、最近はこのエナメルローファーで足りてしまうので、全く履きません。
(おかげで玄関がスッキリ)

いやはや買って良かった。
オススメです。

★おまけ★
一応デメリットも記載しておきます。
・エナメルなので、油断すると砂ぼこりが目立つ(ズボラな人限定)
・真夏は微妙かも

ではでは。

ファーストマザーズバッグを選ぶ際の3つのポイント

こんばんは。

妊娠すると、産まれてくる赤ちゃんのためにいろいろグッズを買い揃えると思いますが、その一つに「マザーズバッグ」があると思います。

ここで言う「マザーズバッグ」とは、
赤ちゃんを連れて出かける際に必要なものを、アレコレ詰め込める大き目のバッグのことですね。

バッグ選びは、マザーズバッグでなくても楽しいものですが、

まだ産まれてもいないのに、どのようなバッグを用意すれば良いのか悩むところだと思いますので、マザーズバッグを選ぶポイントを3つにまとめてみました。

※徒歩および公共交通機関を利用してママと赤ちゃんが移動するケースを想定しています。


1 大き目のトートバッグが便利

ママと赤ちゃんが2人でお出かけするケースとしては、予防接種、3か月検診、児童館などが考えられます。
すべて徒歩で行ければ良いですが、バスや電車を利用する場合を考えると、赤ちゃんは抱っこ紐で抱っこするケースが多いでしょう。

区の検診会場などでは、ベビーカーを置くスペースが限られていることから、極力抱っこで来るよう指示されたりもします。
すると、赤ちゃんを抱っこしながら、家のカギ、スマホ母子手帳などをサッと出せることが、使いやすいバッグの条件となりますので、すぐにバッグの中に手が伸びるトートバッグがオススメなのです。

2 バッグの口は開けっ放しでも様になるデザインで

上記のとおり、サッとものを出したいのでバッグの口はオープンなものか、
ファスナータイプであっても開けっ放しで見栄えが悪くないものが望ましいです。

マザーズバッグとして人気の高い、ロンシャンのル・プリアージュは、文句なしにかわいいですが、口を開けっ放しにするのに適しているかというと・・・

デザイン的には常にファスナーを閉めておきたい気分ですよね。

「おしゃれは我慢」のピーコに教えに従い、その都度口を閉めることが出来る人のみに許されるバッグという位置付けかと思われます。

3 多少の雨でもOKな素材で

赤ちゃんとお出かけするとなると、荷物が意外と嵩張ります。

ママの性格にもよりますが、アレもコレもとバッグに放り込むとかなりの量になるのです。
雨の日など、もれなく傘からバッグがはみ出るので、多少水に濡れても耐えられる素材が良いですね。
コットンなどはかわいいですが、雨の日には不向きで、その日の天気によってバッグを変えるマメさがない限り選ばないのが無難でしょう。

以上、マザーズバッグを選ぶ3つのポイントでした。

このあたりを押さえて、ご自身の洋服のテイストに合うバッグを選ぶと良いでしょう。

★おまけ★

1 貴重品用のポシェットを持つのはあり?

財布やスマホパスモ等貴重品をまとめたい気持ちは分かります。

また、これにかこつけて新しいポシェットを購入するという技もありますよね。

でも、ハンカチ、ちり紙、母子手帳はどちらのバッグに入れるのか迷ったり・・・
どちらに入れたっけ?と分からなくなったりする恐れもあります。

よって、個人的にはポシェットとトートの2つ持ちよりは、細かいものを別で持ちたいのであれば、トートバッグ本体に放り込めるような、かさばらない小さいバッグ(むしろバッグインバッグ)を利用することをオススメします。

2 私がマザーズバッグとして使用したもの

筆者はエルベシャプリエのナイロン素材の舟形トートを利用しました。

マチが広いので、混んでいるバスとかだと横幅とってちょっと邪魔なんですけどね・・・

何せ軽いので、使いやすいのですよ。(ポケットは小さいけど。)

ちなみに、「マザーズバッグだし!」と張り切ってピンク色にしたのですが、イマイチ手持ちの洋服と合わない・・・とストレスになり、結局後からパンサー柄も買ってしまいました。

きれいな色の無地は、バッグ単体だとかわいいですが、コーディネートは意外と難しいですね。

かと言って、せっかくエルベのナイロントートなのに地味な色を選ぶのはもったいないと思ってしまうあなたは、パンサー柄かカモフラージュ柄を買うべし。

適度に模様があって楽しいし、洋服がシンプルでもシンプルでなくても、馴染むんですよね~。

私はカモフラージュ柄だときつすぎるような気がしたので、パンサー柄を選びましたが、クール系の洋服を普段から着る方は、カモフラージュ柄が似合いそうですよね。

カモフラージュ柄のトートの上に、黒のストールとか無造作に置いたりしたらカッコイイ・・・

3 リュックではダメ?

条件によります。
「リュックから頻繁に物の出し入れをしない」、「移動はほぼ徒歩のみ」の条件を満たすことができればOKかと。

というのも、
赤ちゃんを抱っこしながら電車やバスに乗る場合、
リュックを背負ったままだと前後に幅をとってしまい恐縮してしまいます。
かと言って、前に抱えるのは手で持ちにくいため長時間はきついですよね。

また、ものを取り出すとき、いちいち背中からリュックを下ろさなくてはならず手間な上、リュックを手に持ったまま物を取り出そうとすると、赤ちゃんでリュックの中が見えずなかなか物が取り出せないという障害が発生。

では、すぐ使うものはポシェットでどうかというと、
小学生の遠足のようにめっちゃ野暮ったくなる。

よって、抱っこひも&リュックは子供が一人なら敢えてオススメはしません。
上のお子さんがいて、走り回るのを捕まえないといけないケースのように、上記デメリットを越える必要性がある場合なら別ですが・・・


そう、タイトルにあるように、この記事は「ファーストマザーズバッグ」を選ぶ際のポイントなんです。

子供が一人で動けるようになると、セカンドマザーズバッグとして、両手の空くバッグが欲しくなってくるのですよ・・・。
リュック選びについてはまた別の記事を書きたいと思います。

 

それでは。

「おっぺんしゃ」の正体

長女が英語の歌を日常的に聞かされていた無認可保育園時代、家で「おっぺんしゃ、おっぺんしゃ」と何かの歌を歌っている模様。

当時長女は、1歳半を過ぎたくらいでしたので、本人はそれが何か説明できず、こちらも「なんだろな~」くらいに思っていました。

どうやら、「ずいずいずっころばし」の歌ではないようで。

で、保育園に問い合わせたところ、
「むすんでひらいて」の英語版「Open and shut them」という歌であることが判明。
ちょうど、その当時のマンスリーソングだったようです。

子供って、聞いたまま覚えるのですね~