読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタクシこういうものです。

二人の未就学児ありのワーママが毒にも薬にもならない日常生活を綴ります

妊娠中の電車内におけるポジショニング

こんばんは。

妊娠中に、微妙な混み具合の電車に乗ると、立ち位置に困ることがありますよね。
微妙な混み具合とは、空いている席がギリギリない…みたいな、一列で立っているのは自分だけ…みたいな感じです。

そんな状況の中、妊婦である自分が座っている人の前に立った瞬間に、その人に譲れプレッシャーをかけてしまうような感じで、非常に気まずいわけです。

立たれた人は、「俺かー!」みたいな感じで、元気満タンで即座に譲るコンディションの人を除き、「自分以外の人が譲るかもしれないし…」とそわそわするか、眠くもないのに寝たふりをするしかなくなります。

ちなみに、妊婦だからといって、体調が良ければ必ずしも着席する必要はないのでは?との考え方もありますが、
私としては、いつ具合が悪くなるか分からず、なってからでは遅いというのと、何らかのトラブルで電車自体が駅間で長時間止まってしまう可能性がゼロではないので、妊婦は極力座る努力をした方が良いという考え方です。

そこで、電車内のどこにポジショニングすべきかってことですが…

優先席の前がベストとの結論に至りました。

理由としては…

まず、優先席に既に座っている人は次のうちどれかです。

1 体調の悪い人やお年寄りなど着席する必要のある人

2 元気だけど優先席以外が埋まっていたので、譲るべき人が来たら即座に譲る覚悟で座っている人

3 特に何も考えていない人

1の人はもちろん譲る必要ありませんが、全席1の人ってことは、そこまで多くありません。

で、2の人の場合は、目の前に立たなくても譲ってもらえます。

3の人がどうするかは、賭けみたいなものですが、あんまり深く考えていないケースが多いので、ちょっと考えた末に譲ってくれたりします。

上記を踏まえると、優先席以外の席の前に立つよりは、いろんなモヤモヤを回避して、着席にたどり着けるのでは…との結論に達したわけです。

ちなみに、座れないまま電車がどんどん混んできて優先席が自然に空いた場合、他の席に比べると、みんな座るのを躊躇するので、スンナリと座らせてもらえたりするメリットもあります。

いつも空いている電車に乗れたらそれが一番ですが、そうもいかないのが現実。

ストレスをなるべく溜めないように過ごしたいものですね。

以上~

買って良かったマタニティウェア5選

こんばんは。

私は娘二人を9月と10月に産んでいます。
そこから逆算すると、お腹が大きくなったね!と言われる時期は、5月くらいからになります。
というわけで、5月以降大きいお腹とつきあうにあたっての、重宝したマタニティウェアをご紹介。

1 マリメッコのボーダーワンピース

いきなりマタニティ専門ウェアでなくてすみません。
正式名称は、TIIA TASARAITA(タサライタ)です。
http://item.rakuten.co.jp/p-s/l001526314156899/

一枚で着られる丈で、
ポケットついてて、
ガシガシ洗濯してもびくともしない。
おまけにカワイイときた。

お値段張りますが、出産後も授乳期間が終われば着れるので買いですね。
なお、身長が160以上の人は、xsではなくsをオススメします。

2 丈が長めのシャツワンピース

マタニティウェアとしても、シャツワンピースは出ていますが、デザインがイマイチだったり授乳口が付いていたりと、気になる点がチラホラ…

ここは、普段から利用しているお気に入りのブランドで、丈が長めのものを調達しましょう。
お腹で大分すそが上がるので、長めの丈のものを選ぶのがポイントです。

3 無印良品の夏向けマタニティレギンス

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738002109?searchno=5
夏でも妊婦なので、下半身はガードしたいものです。
なので、私はいつもこういう感じのレギンスを、ボトムスの下にはいていました。
夏場のレギンスって、虫にも刺されないからいいですよ。

4 トレーナー素材のタイトロングマタニティスカート(黒)

赤すぐなど、マタニティウェアのカタログには必ずあると思います。
黒のマタニティスカートは、検診のときなどマジで重宝します。
夏もはくことを考えると、気軽に洗濯できるトレーナー生地やカットソー生地がおすすめ。
デザインは、広がるタイプだとボリューム出て邪魔なので、タイトなタイプを選びましょう。

5 マタニティパジャマ(ボトムスが重要)

何だかんだで、ボトムス類はマタニティ仕様がストレスなく過ごせるので一番です。
もったいないと思うかもしれませんが、マタニティ仕様は楽ですし、昼間の洋服と違ってパジャマなら出産後も着ることにさほど抵抗ないと思いますので、買って損はなしと思います。

★おまけ★
買ってイマイチ活用できなかったマタニティウェア

マタニティジーンズ等のズボン類

多分、体型的な相性なんですけど、私の場合ずり落ちてくるんですよね。
で、ほとんど履きませんでした。
あと困ったのが、マタニティジーンズとかって、ウエストのゴム部分だけ違う色のリブになっていますよね。
となると、その部分をカバーできる長め丈のトップスが必須なわけですが、そんな長いトップスはないぜよ…となったのです。

ただ、私の買った代物を借りていったいとこは、毎日のように履いて愛用したらしいです。

なので、マタニティ仕様のズホン類を購入の際は、お手持ちのトップス丈を確認の上、試着可能なお店で吟味するか、まずは一着購入して、自分との相性を確認してから洗い替えを購入するなど、慎重な対応(?)をオススメします。

以上~

区立保育園のメリットは健全であることだと思う。

こんにちは。

娘二人を区立保育園に通わせています。

自分自身は田舎育ちのため、教育施設に私立という選択肢はなかったのですが、
都内で、しかも保育園だと私立も沢山あり、何となく私立の方が教育に熱心そうなイメージもあり、
入園申込時は特に区立を上位に設定することもなく、申請しました。

結果として、二人同時入園出来たのが、第3希望の区立保育園だったのですが、今となっては区立って結構良いよね…と感じています。

何が良いって、先生の異動が定期的にあるので、組織が健全!…な気がするんです。

また、公の施設で区民の目が厳しいせいか(?)、先生の発言やら行動が清らか!…な気がします。

一つ目の人事異動について。
一般企業でもそうですが、人の入れ替わりがないと、いろいろ停滞しますよね?

環境の変化がないので刺激を受けて成長できる機会が少ないし、組織が閉鎖的なので、変なパワーバランスが成立する恐れもあります。

その点、ある程度の規模の組織ですと、適度に異動があって、コンプラ面で健全さが維持されていると思います。

区立保育園の場合、広い世田谷区内で定期的な異動があるので、ちょうど良いのかなと思います。

二つ目の、発言や行動が清らかという点です。

具体例としてあげられるものは少ないのですが、とても印象的だったのは、園見学した際の園長先生のお言葉です。

住宅密集地に立地している保育園だったのですが、ご多分に漏れず、近隣の方からご意見(ネガティブな方)をいただくそうです。

ですが、その先生は「苦情」とか「ご意見」とか言わないんです。「近所の方から気づきを与えていただいて…」とおっしゃったのです。

最初はなんのことだかわかりませんでした。

確かに、「苦情」やら「ご意見」と表現すると、表向きは申し訳ない態度をとっていたとしても、裏では…的な感じがして、ちょっとアレですよね。
面従腹背的な。

でも、上記のような表現をすることにより、裏表のない清らかさを感じることができましたし、子供達にも裏表なく接していただけるのではないか…と期待してしまいます。

もちろん、新規の区立保育園はつくらない方針(多分)の世田谷区なので、建物は古いし、床暖房などもっての他で、そういうのが嫌な人はいると思います。

しかし、内面の健全性という点では、規模のメリットならではというか、区立万歳!ですね。

あ、念のため書いておきますが、決して私立が良くないというわけではありません。
評判の良い私立保育園沢山ありますし。
単に区立保育園に対して思ったことを書いただけですので、悪しからず。

以上~

こども写真スタジオ比較

こんにちは。

子供の成長と共に避けては通れない記念写真撮影。我が家ももれなく、節目の度にこども写真スタジオにお世話になりました。

せっかくなので、お世話になったスタジオの感想などを記事にしたいと思います。

1回目
スタジオアリス小田原店
利用日 2014年10月下旬平日
用途 長女の一歳誕生日記念<感想>
撮影スペースが2つあるせいか、七五三の前撮りのせいなのか、混雑!混雑!
た~くさんある衣装から選んで、不機嫌な長女を、カメラマンさんやスタッフさん総出で全力で笑わせて、もう全員必死!という感じでした。
家族写真では、大人の足の位置とかも細かく指示してくれて、「完璧な写真が撮れるまで終わりにしません!」という気合いが伝わってきました。
おかげで、こちらは汗だくで終わったときにはグッタリでした。
でも、そのおかげで、完成した写真は、さすがプロ!という出来で結果として大満足でした。

2回目
スタジオキャラット馬事公苑
利用日 2016年9月上旬土日
用途 次女の一歳誕生日記念<感想>
小さいお店なので、予約時間には我が家しかいませんでした。小さいお店なので、衣装が少なく、一歳の女の子用洋服は10着なかったと思います。
撮影も、何だかあっさりしており、良く言えばリラックスした雰囲気でナチュラルな感じ…って言うんですかね。
家族写真で、大人への指導は特になく、「えっ、もう終わり?」て感じで終了。

出来上がりもほどほどという印象。どうしてもアリスと比べてしまって、物足りない感あり。

3回目
スタジオマリオ富水
利用日 2016年10月下旬平日
用途 長女の3歳七五三<感想>
カメラのキタムラに併設されているスタジオ。
撮影スペースが1か所の小さいスタジオでした。でも、七五三の着物はほどほどに揃っていたような気がするものの、平日だったからか?スタッフは少なく、スタッフのテンションも特に高くなく…撮影自体もあっさり、という印象。
もちろん、大人への被写体指導は無し。
予約時間には我が家だけだったので、外的要因に影響されて子供の機嫌が悪くなることはありませんでしたが、若干物足りなさを感じました。

出来上がりは普通…という印象。


結論

以上の3店舗を経験しまして、我が家としては今後はアリスを利用しようね、との結論に至りました。

理由としては、アリスの写真が一番気合入ってて満足できたものだったから。
プロ意識というかそういうのが一番伝わってきたんですよね。
さすが業界のリーディングカンパニーだなぁ、と。


とまぁ、こんな結論になりましたが、実際はお店によってバラツキがあると思うので、一つの意見として参考にしていただければと思います。

黒のパンツスーツと保育園は相性が悪かった。

私は、職場では基本的にスーツ着用です。
更に言うと、自宅から保育園経由で最寄駅までの交通手段が自転車なので、パンツスーツがほとんどです。

そんな私は先日、秋も深まったことだし職場復帰して半年経ったし、新しいスーツでも買うかな…と行きつけの「洋服の青山」に行って、黒のパンツスーツを購入しました。
(青山、結構ベーシックなスーツがお手頃価格で揃っていて愛用しています。)

黒って、リクルートスーツっぽくなるのが嫌で最近避けていて、久しぶりだったんですよね。
なので気づかなかったのですが、黒は保育園と相性が悪い…!!!

特に膝を着いて保育園であれこれ支度する人は、覚悟してかからないといけません。

そう!
黒は汚れが目立つんだ…!!!

我が家の子供たちが通う保育園は、昔ながらの区立保育園で、あらゆる支度を保護者が行うスタイル。
当然、膝をついて低い位置にある引き出しに衣類をセットすることもあり、その都度、床のかすかなほこりが、服(特に膝)に付着していくのですよねぇ。


はー。

やっぱり、保育園児のママスーツはグレーがベストかな。
黒は相性悪いや。
というお話でした。

まぁ…年中さんくらいになれば、お支度も簡単になりそうなので黒でも問題ないかもしれないですけどね~

二子玉川ライズのBuddy'sで赤ちゃん連れランチ

f:id:amenbo333:20161105165745j:plain
二子玉川ライズのBuddy'sに家族4人(大人2人、3歳1人、1歳1人)で行ってきました。
テラスマーケットが出来て以来、いつも行列でしたが今日は3組くらいしか並んでいなかったので入店することに。
並んでいる最中に渡されるメニューにはキッズメニューは見当たらなかったのですが、テーブルに通されたらちゃんとありました。
f:id:amenbo333:20161105165826j:plain
正直、ボリュームが分からなかったのですが、パンケーキとハムチーズサンドを注文。
食べる前に写真を撮るのを忘れてしまったのですが、結構なボリュームで食の細OLさんなんかではこれで十分だろうという感じでした。
f:id:amenbo333:20161105165855j:plain
f:id:amenbo333:20161105165923j:plain

お客さんの半分くらいは、小さい子供連れだったかなあ。
ベビーチェアはもちろんの事、ベビーカーごと席に着けるスペースもあってママ会とにも良さそうでした。

お名前スタンプって結局必要だったのかなぁ…

こんばんは。

すっかり更新が滞っていました。
半年以上更新していないにも関わらず、保活の記事にはコンスタントにアクセスがあるようで、みんな情報を必要としているのだなぁと思いました。

我が家は無事に姉妹で認可保育園に入ることができまして、4月から仕事に復帰しヘロヘロになりながら、あらゆる人の助けを借りながら何とかやっております。
ちなみに、認可保育園に入れたのは…兄弟ポイントのおかげだと思われますが…大田区の友人は一人目だけなのに一歳児クラスの認可保育園に決まり、品川区の友人は求職中でも認可保育園に入れたなんて話を聞くと、保活保活って言ってるの世田谷区だけなんじゃないの…とか思ってきますよね。

さて、気を取り直してタイトルの件ですが、保育園が決まったときから、とにかく持ち物への名前書きが始まりました。
以前通っていた無認可保育園では必要のなかったグッズを持ち込む必要があったりしたので、ネットで良く見かけるお名前スタンプなるものに手を出してみたんですよねー。

で、半年通ってみての感想は…

別になくて良かったかも…

と言うのは、入園当初はオムツやタオルやらにスタンプしたのですが、今や一切使っていないからです。

その理由は、

1 オムツには毎日名前を書くが、そんなに枚数はなくマジックで耐えられる。

2 ていうか、スタンプを押すのとマジックで書くのだと、数が少なければマジックが圧倒的に早く、
そんな僅かな時間さえ惜しい。(マジで時間ない。週末まとめて…とかそんな時間もない。)

3 オムツは持ち帰りなので、登園時のオムツにも名前が必要だが、家を出る前のオムツチェックで交換不要のときは、はいているオムツに名前を書かなければならず、結局マジックが必要。

4 そもそも自筆の文字にコンプレックスがない。

こんなところです。
なので、自分の字が大嫌いで極力自筆を避けたい!という人以外は、お名前スタンプ、買わなくても良いと思いますよー

というお話でした。