ワタクシこういうものです。

2歳差三姉妹のワーママが毒にも薬にもならない日常生活を綴ります

世田谷区で保活するならコレ読んでね\(^o^)/

あえてポップなタイトルにしてみました。

テレビ等で待機児童問題が取り上げられる度に登場する世田谷区。

実は私も世田谷区民でして、長女の育休明けに向けた保活では気力体力をずいぶん消耗したものです。

この記事では、これから保活を行う方が少しでも楽できるよう、私の保活体験からコツやポイントをまとめてみました。平成27年4月入園に向けた保活ですが、そこまで古い情報にはならないと思います。

記事の方向性としては、認可保育園に受かるための裏ワザ的なものではなく、どんな結果になっても後悔しない活動の仕方という感じですので、過度な期待はしないでくださいね♪

また、私と同じフルタイム(9時~17時)勤務で第1子申し込み(認可外施設に預けていない)の方を想定した内容になっていますのであしからず。

 それでははじまりはじまり~

 

1.保活に必要なもの

それは、嘆願書でもコネでもなく

気力と体力と折れない心

です。ファイト!

⇒理由は読み進めていただければお分かりいただけるはず!

 

2.保活の手順

(1)制度の理解

まずは敵を知るということで、世田谷区の保育制度が説明されている「保育のごあんない」という冊子を熟読し制度全体の理解に努めましょう。

この「保育のごあんない」、世田谷区のホームページからダウンロードすることも出来ますが、ページ数が多いのと結構長い期間使用しますので、丈夫な製本されたものを区役所や近所の認可保育園でもらう方が賢明でしょう。

⇒私立の認可園でももらえるよ!

 

(2)目標設定

次はどういう方針で保活を行うか決めます。

保育時間や施設の設備、費用面を考慮すると大体の方が、

本命を認可保育園としつつも、受からなかったときのためにそれ以外も押さえたい

という方針になると思います。

※それ以外とは、認証保育所、保育室、「保育のごあんない」に掲載されていないいわゆる無認可園のこと。なお、保育ママは保育時間が短いので厳しいと思われる。

 

(3)狙う園のピックアップ

この段階では、物理的に通園可能な園はすべてピックアップすると良いでしょう。

⇒私は最終的には、認可21園、認証14園、保育室1園、無認可2園に何らかのアプローチをしました。とはいえ、初期段階ではもっと少なかったのですが、保活を進めていくうちに危機感が募りどんどん手を広げていきました。

 

(4)見学や説明会の予約

見学や説明会の予約は今時、原則電話です。

認可・・・一律電話して予約(多分)

認可以外・・・各施設が定める方法にて予約

⇒この予約で心折れる人多数ですので注意が必要です。

ケース1:嫌な感じの電話対応をされた

電話する時間帯や電話をとった人の状況によっては、そっけなかったりぶっきらぼうな対応をされることがあり、見学が憂鬱になることがあるかもしれません。しかし保育園の職員は電話対応のプロではないので、たまたまそのような対応だったかもしれないので、あまり深く考えないようにしましょう。

ケース2:説明会や見学の枠にもはや空きがない

小規模の保育園にありがちですが既に枠が埋まっているケースです。このような場合、先着順であることが多いので、説明会や見学の予約はいつからできるのか、電話してあらかじめ聞いておくと良いでしょう。

かくいう私も、説明会に出席しないと申し込みの権利が得られない園に対して、ぼーっとしているうちに説明会の枠が埋まってしまい申し込みが出来ない園が2つありました。注意注意!

 

 ◆上記を踏まえてアドバイスさせていただくならば・・・

見学や説明会の予約は認可保育園以外の施設から行うと心に余裕が持てそうです。さらに、認可保育園(特に区立は園長先生で雰囲気ががらっと変わるそうですし)は立地さえ確認出来れば最悪見学に行かなくても大丈夫だと思います。

 

(5)申し込み

いよいよ保育園への申し込みです。

最初に手当たり次第に狙う保育園をピックアップしましたが、見学に行って嫌だなと感じた園を除いて申し込みをします。

⇒私はピックアップした園のうち、私立認可1園と認証1園は自ら対象からはずし、認証1園と保育室1園は申し込みの権利を得ることができませんでした。

認可:

書類が揃い次第、窓口がすいている早い時期に申し込みましょう。悩む保育園の希望順位も締切日までに変更届を郵送またはFAXすれば良いので、とにかく本体の書類を出すのが先決です。

認可以外:

受付開始になったらとにかく早く申し込みましょう。入園が先着順の施設はもちろんですが、そうでなくても早くて悪いことはありません。

ちなみに、私が申し込んだとある認証保育所は、最初は抽選で入園者を決定するのですが、キャンセルが出た場合は、受付番号が早い人から順に連絡がくるシステムでした。

 

(6)結果が来るのを待つ

入園申し込みをした後は、申し込んだ保育園を認可と認証を交えて希望順位を付けます。

認可が本命と言えど、遠くの認可より近くの認証が良いですからね。

⇒保育園は立地が命!

連絡が来た時に返事を即答できるように順位を決めておきます。大体の認証保育所や保育室は認可の結果が出てから入園者を決定します。また、認可発表前に決定していても認可に受かってキャンセルした人の枠が空きますので、3月中旬くらいまでは望みがあります。

責任は持てませんが認可に内定しなくても焦らず待つのもありだと思います。

⇒ちなみに私は、

申し込み・・・認可20園、認証保育所12園、無認可園2園

内定の連絡・・・認可なし、認証保育所3園、無認可園2園

でした。察するに、無認可まで手を広げれば4月時点では空きが出るのでは?

 

実際に通うことにしたのは、現在も長女がお世話になっている無認可園です。世田谷区に提出するような書類ですとベビーホテルという分類になります。

認証保育所からも連絡があったにもかかわらず決めた理由は、通勤経路上にあり立地が良かったところ、小規模で丁寧な保育をする方針であったこと、また法人経営であったことでした。

無認可と聞くと一瞬不安がよぎりますが、自分の目で見て確かめることが大切ですね。

 

3.保活のストレス解消

結果が出るまでは、ひたすら見学予約→見学→申込みの日々です。

ストレスもたまります。

そんなときは同じ境遇の友人に自分のもやもやした気持ちを吐き出すのが一番です。私の場合は、施設見学で同じ回だった方と駅までの帰り道おしゃべりをしたのが、結構楽しかったです。あとは近所のママ友ですかね。ママ友トラブルとかいろいろ噂を聞きますが良いことの方が多いんじゃないかな、と思うくらい心強いです。

 

***

どうですか?

これだけやれば、たとえ認可保育園に内定しなくても「まあしょうがないか」と思うことができませんか?

後悔しないように頑張りましょう~!!!