ワタクシこういうものです。

二人の未就学児ありのワーママが毒にも薬にもならない日常生活を綴ります

区立保育園のメリットは健全であることだと思う。

こんにちは。

娘二人を区立保育園に通わせています。

自分自身は田舎育ちのため、教育施設に私立という選択肢はなかったのですが、
都内で、しかも保育園だと私立も沢山あり、何となく私立の方が教育に熱心そうなイメージもあり、
入園申込時は特に区立を上位に設定することもなく、申請しました。

結果として、二人同時入園出来たのが、第3希望の区立保育園だったのですが、今となっては区立って結構良いよね…と感じています。

何が良いって、先生の異動が定期的にあるので、組織が健全!…な気がするんです。

また、公の施設で区民の目が厳しいせいか(?)、先生の発言やら行動が清らか!…な気がします。

一つ目の人事異動について。
一般企業でもそうですが、人の入れ替わりがないと、いろいろ停滞しますよね?

環境の変化がないので刺激を受けて成長できる機会が少ないし、組織が閉鎖的なので、変なパワーバランスが成立する恐れもあります。

その点、ある程度の規模の組織ですと、適度に異動があって、コンプラ面で健全さが維持されていると思います。

区立保育園の場合、広い世田谷区内で定期的な異動があるので、ちょうど良いのかなと思います。

二つ目の、発言や行動が清らかという点です。

具体例としてあげられるものは少ないのですが、とても印象的だったのは、園見学した際の園長先生のお言葉です。

住宅密集地に立地している保育園だったのですが、ご多分に漏れず、近隣の方からご意見(ネガティブな方)をいただくそうです。

ですが、その先生は「苦情」とか「ご意見」とか言わないんです。「近所の方から気づきを与えていただいて…」とおっしゃったのです。

最初はなんのことだかわかりませんでした。

確かに、「苦情」やら「ご意見」と表現すると、表向きは申し訳ない態度をとっていたとしても、裏では…的な感じがして、ちょっとアレですよね。
面従腹背的な。

でも、上記のような表現をすることにより、裏表のない清らかさを感じることができましたし、子供達にも裏表なく接していただけるのではないか…と期待してしまいます。

もちろん、新規の区立保育園はつくらない方針(多分)の世田谷区なので、建物は古いし、床暖房などもっての他で、そういうのが嫌な人はいると思います。

しかし、内面の健全性という点では、規模のメリットならではというか、区立万歳!ですね。

あ、念のため書いておきますが、決して私立が良くないというわけではありません。
評判の良い私立保育園沢山ありますし。
単に区立保育園に対して思ったことを書いただけですので、悪しからず。

以上~