ワタクシこういうものです。

二人の未就学児ありのワーママが毒にも薬にもならない日常生活を綴ります

買って良かったマタニティウェア5選

こんばんは。

私は娘二人を9月と10月に産んでいます。
そこから逆算すると、お腹が大きくなったね!と言われる時期は、5月くらいからになります。
というわけで、5月以降大きいお腹とつきあうにあたっての、重宝したマタニティウェアをご紹介。

1 マリメッコのボーダーワンピース

いきなりマタニティ専門ウェアでなくてすみません。
正式名称は、TIIA TASARAITA(タサライタ)です。
http://item.rakuten.co.jp/p-s/l001526314156899/

一枚で着られる丈で、
ポケットついてて、
ガシガシ洗濯してもびくともしない。
おまけにカワイイときた。

お値段張りますが、出産後も授乳期間が終われば着れるので買いですね。
なお、身長が160以上の人は、xsではなくsをオススメします。

2 丈が長めのシャツワンピース

マタニティウェアとしても、シャツワンピースは出ていますが、デザインがイマイチだったり授乳口が付いていたりと、気になる点がチラホラ…

ここは、普段から利用しているお気に入りのブランドで、丈が長めのものを調達しましょう。
お腹で大分すそが上がるので、長めの丈のものを選ぶのがポイントです。

3 無印良品の夏向けマタニティレギンス

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738002109?searchno=5
夏でも妊婦なので、下半身はガードしたいものです。
なので、私はいつもこういう感じのレギンスを、ボトムスの下にはいていました。
夏場のレギンスって、虫にも刺されないからいいですよ。

4 トレーナー素材のタイトロングマタニティスカート(黒)

赤すぐなど、マタニティウェアのカタログには必ずあると思います。
黒のマタニティスカートは、検診のときなどマジで重宝します。
夏もはくことを考えると、気軽に洗濯できるトレーナー生地やカットソー生地がおすすめ。
デザインは、広がるタイプだとボリューム出て邪魔なので、タイトなタイプを選びましょう。

5 マタニティパジャマ(ボトムスが重要)

何だかんだで、ボトムス類はマタニティ仕様がストレスなく過ごせるので一番です。
もったいないと思うかもしれませんが、マタニティ仕様は楽ですし、昼間の洋服と違ってパジャマなら出産後も着ることにさほど抵抗ないと思いますので、買って損はなしと思います。

★おまけ★
買ってイマイチ活用できなかったマタニティウェア

マタニティジーンズ等のズボン類

多分、体型的な相性なんですけど、私の場合ずり落ちてくるんですよね。
で、ほとんど履きませんでした。
あと困ったのが、マタニティジーンズとかって、ウエストのゴム部分だけ違う色のリブになっていますよね。
となると、その部分をカバーできる長め丈のトップスが必須なわけですが、そんな長いトップスはないぜよ…となったのです。

ただ、私の買った代物を借りていったいとこは、毎日のように履いて愛用したらしいです。

なので、マタニティ仕様のズホン類を購入の際は、お手持ちのトップス丈を確認の上、試着可能なお店で吟味するか、まずは一着購入して、自分との相性を確認してから洗い替えを購入するなど、慎重な対応(?)をオススメします。

以上~